スキンケア

美肌を目指すクレンジング後の正しいスキンケアの方法|30代40代

更新日:

スキンケア

あなたのスキンケア・・・

間違っているかもしれませんよ・・・

 

どうも!初めまして!

今回、スキンケアを担当させていただくことにあいなりました、レポーターのらむです!

 

私と同じアラサー女性のみなさま!

肌トラブルに悩まされていませんか〜?

 

もちろん私もその一人。

30代に突入してから、お肌は言う事を聞かなくなる一方。

それはもうあの手この手を尽くしてきました。

 

今回はそんな私が、美肌の基本でもあるスキンケアについて書いていきたいと思います!

どうぞ、最後までお付き合いください♪

 

正しいスキンケアできていますか?

みなさん、正しいスキンケアの仕方ってご存知でしょうか?

1つで何役もこなしてくれるオールインワンジェルなど便利なものもありますが、やっぱり基本が大切。

基本をしっかり身に付ける事でケア用品の効果もぐっと高まります。

 

クレンジングでその日のメイクはその日に落とす

とにもかくにも、まずはクレンジング!「美肌の基本はクレンジング」と言われるぐらい大切なのでしっかりメイクを落としましょうね。

そして、メイクを落とした後の綺麗なお肌に化粧水を付けていくんですが、化粧水って保湿をするためのものだと思っていませんか?

「えっ!違うの!?」

と思ったそこのあなた。

 

 

違わないです、大正解!

 

 

ステップ1.化粧水で肌に水分を与える

脅かしてごめんなさいね。

そう、化粧水とはクレンジングや洗顔で失った水分を補充してあげるためのものなんです。

また、その後のスキンケア成分が浸透しやすい状態にする役割もあります。

 

化粧水は約80%が水分で出来ていて、そこへ水に溶けやすい美容成分が配合されています。

ほとんどが水分なので、お肌への浸透もいいんですね。

 

なんで洗顔で水分は失われるの?

では、そもそも”なぜ洗顔で水分が失われるのか”

その理由をご存知でしょうか?

原因は皮脂膜が洗顔によって流れてしまうから。

 

「ひしまくぅ〜?」

 

私の予想が確かなら、今、スマホ画面越しに首をかしげている女性が多発していることでしょう。

 

皮脂膜とはですね、汗と皮脂が混ざり合って作られる薄い膜のことで、肌の内側にある水分の蒸発を防いだり、外側からの刺激を受けにくくしたりといった働きを持っています。

この皮脂膜が洗顔によって洗い流されてしまうため、ノーガード状態の肌表面からどんどん水分が蒸発して、お肌が乾燥してしまうんです。

 

今は美容成分がたくさん配合されたクレンジングなども出ていますが、この皮脂膜を残すのは至難の技。

というか、そんなクレンジングや洗顔料は存在しませんので

「コレ90%が美容成分だしぃ〜」

と、油断してスキンケアを怠らないでくださいね。

 

化粧水はASAPでよろしく!

化粧水はとにかく洗顔後すぐ!

今!まさに蒸発している!という意識で急いで付けてあげましょう。

間違っても先にドライヤーなんてしちゃダメですよ〜!

髪の毛なんてあとあと(笑)

 

正しい化粧水の付け方

化粧水を手かコットンに取ったら、肌に押し込むように付けていきます。

パンパンと叩くのは子供のお尻だけにしてくださいね。

「さぁお入り!」

と手のひらでしっかりプレスしてあげましょう。

 

 

化粧水が済んだら次のステップ。

美容液でございます。

 

美容液ってお肌に美容成分を与えるものだと思っていませんか?

 

「えぇ?間違ってたの!?」

と思ったそこのあなた。

 

 

いいえ、こちらも大正解!

 

 

スッテプ2.美容液で有効成分を注入

スキンケア

美容液は必ず使わなければいけないというものではありません。

特にお肌に悩みはないという方は省略できる工程です。

 

実際に私も昔は使っていませんでしたしね。

だから言う事聞かなくなっちゃったんですけどね〜ははは!

 

でもね、絶対に使った方がいいです。

なぜなら美容液は基礎化粧品の中でもダントツで有効成分の濃度が濃いスキンケアアイテムだからです。

 

美白やエイジングなど、目的に合ったものを選びましょう。

化粧水で浸透率が高まった肌に高濃度の有効成分を注入する事で、効率的に美肌へと近づきます。

 

 

さて、ここまで済んだら最後の仕上げ、乳液でございます。

 

”化粧水の水分と美容液の有効成分が逃げないように上からフタをする”

乳液の役割はコレだと思っていませんか?

 

「え?フタでしょ!?」

と思ったそこのあなた。

 

 

ハイはずれ!!

不正解でございます。

 

ステップ3.乳液で○○の代役

スキンケア

フタと言えばフタなんですが、厳密に言うと違います。

 

覚えていますかね?先ほど登場した”皮脂膜”

お肌の乾燥や刺激から守ってくれる皮脂膜ですが、洗顔で流れてしまった皮脂膜は復活するまでにある程度時間がかかります。

この新たな皮脂膜ができるまでの「つなぎ」として活躍してくれるのが乳液なんです。

 

よくオイリー肌の人で乳液を使わない方がいますが、これはNG。

皮脂膜のないお肌は水分ダダ漏れ状態。

乾燥が進んで余計に皮脂を分泌してしまいます。

 

保湿効果を高めてくれる乳液はどんな肌質の人でも必要な基礎化粧品ですから必ず使うようにしてください。

どうしても油分が気になるという方は、テクスチャーが軽めのあっさりしたものを選ぶといいでしょう。

 

朝のスキンケアにはここに日焼け止めをプラスして、メイクをしましょう。

 

スキンケアまとめ

美肌を手に入れるためには、日々のケアがとても重要になってきます。

正しいスキンケアで年齢に負けないキレイな肌を手に入れましょう♪

 

それでは、最後までお付き合いありがとうございました!

 

レポーターらむでした☆

-スキンケア
-

Copyright© クレンジングの殿堂|2018年人気おすすめクレンジングランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.