お肌の悩み 毛穴ケア

毛穴の黒ずみはクレンジングで除去できる?黒ずみの原因とケアの方法

更新日:

毛穴の黒ずみ

毛穴の黒ずみは女性にとって大きな悩みのひとつ。

20代の時はそこまで気にしてませんでしたが、30代になって目立ってきた気がします。

このページでは

  • 女性の憎き敵「毛穴の黒ずみ」ができる原因
  • 黒ずみを作らないためのスキンケアの方法
  • 流行りの炭酸パックで黒ずみ対策!

をお話しします。

楽しく読んでもらえるように進めていくので最後までお付き合いくださいね♪

先に毛穴ケアの方法を見る

 

毛穴の黒ずみができる原因はナニ?

毛穴の黒ずみには産毛の影響や、乾燥して開いてしまった毛穴が影になって黒く見えたりと様々な理由がありますが、中でも大きな原因が

  • 角栓の詰まり
  • メラニンによる色素沈着

の2点です。

これ、悩んでいる方多いのではないでしょうか?

 

今回はこの2点について書いていきたいと思います!

【1】角栓の詰まり

角栓

角栓は、メイク残りなどの汚れと古くなった角質が毛穴に詰まった状態に、分泌された皮脂が混ざりあって毛穴の中で固まってしまった状態です。

本来ならばメイクなどの汚れはクレンジングや洗顔で落とせますし、古くなった角栓も肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)が正常であれば垢となって剥がれ落ちます。

30代の正常なターンオーバーは約40日サイクルと言われています。

(※年代によってサイクルが変わるので表を参照)

【年齢別】肌のターンオーバー周期の目安

肌のターンオーバー

このターンオーバーが年齢による新陳代謝の衰えや過剰なクレンジング、肌への刺激などでサイクルが乱れて、古くなった角質が剥がれ落ちにくくなり肌に残ってしまいます。

肌に残ってしまった角質が古くなって、汚れと一緒に毛穴に詰まりどんどん酸化していきます。

リンゴやじゃがいもって、皮を向いてしばらくすると変色してきますよね。あれは表面が酸化しているから。

お肌も同じで、酸化するとその部分が黒ずんでくるんです。

同時に毛穴から分泌された皮脂と混ざって固まり、あの憎き『角栓』が完成します。

この時に毛穴の奥から産毛が生えてきて、角栓があるので毛先が外に出れず毛穴の中に閉じ込められて更に黒く見えることもあります。最悪だ~!

 

【2】メラニンによる色素沈着

毛穴の黒ずみで一番多いのは角栓ですが、角栓以外にもメラニンの作用で毛穴が黒ずむこともあります。

メラニンってあまり良くないイメージですが、実際はなんなのでしょうか?

ポイント

メラニンとは、肌が刺激を受けたり異常があったりした時に肌を守るために作られるものです。

表皮の基礎の部分にあるメラノサイトから分泌され、正常なターンオーバーができていれば、角質と一緒に排出されます。

お肌を守ってくれる大切な成分ですが、クレンジングの時に過剰に摩擦をして肌にストレスを与えたり、毛穴パックで無理やり角栓を引き抜いたり、紫外線の外的なダメージを受けたりするとメラノサイトが気合いを入れてメラニンを作りすぎてしまいます。

そのメラニンが肌の表面に出てくることでシミやくすみになるのですが、実はダメージを受けている毛穴の中にもメラニンが集まってくるんです。

ターンオーバが乱れると、メラニンが毛穴に残って色素沈着をおこし結果として黒ずみになってしまいます。


人気クレンジングランキング

 

毛穴の黒ずみ対策!黒ずみを作らないスキンケアの基本

毛穴の黒ずみの仕組みがわかったところで、今度は黒ずみが出来ないように日々のスキンケアを見直してみましょう!

毛穴の黒ずみケアで必要なことは

  • 皮脂・角質対策
  • しっかり保湿する
  • 肌に負担をかけない

この3点です。

一つづつ見ていきましょう。

 

【1】皮脂・角質対策

まず、毛穴の黒ずみ対策として最も大事なことは、

  • 余分な皮脂の分泌を抑える
  • 化粧をしっかり落とす
  • 古い角質を残さず取る

ということです。

余分な皮脂が分泌しないように、摩擦などで肌へのストレスを与えないよう普段から心がけましょう。

あぶらとり紙などで皮脂を優しく取り除くことも効果的です。

成分にこだわったクレンジングや洗顔で化粧をしっかりと落とし、毛穴や毛穴の周りを清潔に保つことが大事です。

この時もできるだけ肌との摩擦が起きないように優しく洗うことを忘れないでください。

また、皮脂も角質も全て取りきってしまうと肌がむき出しになってしまい、外からの刺激を受けやすくなりますし、毛穴が新しい皮脂を分泌するので逆効果になってしまいます。

ポイント

肌を守ってくれる程度に残すのがポイントなのですが、ハッキリ言って難しいです。

残しすぎず、取りすぎず、微妙なバランスを自分の感覚で調整するしか無いです。

うまくいかなくてもこの事を意識するだけで変わってくるので頑張りましょうね!

 

【2】しっかり保湿をする

肌が乾燥していると毛穴はより多くの皮脂を作り出して乾燥をカバーしようとします。

これが毛穴の黒ずみの元になるんです!

きちんと肌の保湿をしてあげることで、皮脂の過剰分泌を抑え正常に保ちます。

毛穴に限らず、乾燥は全ての肌の天敵です。乾燥していていいことなんてひとつもありません。

肌が乾燥しているということは、雑菌やウイルスなどを防ぐバリア機能が破壊されてしまっているということ。

しっかり保湿をして健康なお肌を作りましょう。

 

【3】肌に負担をかけない

・1日に何回も洗顔をする・クレンジングや洗顔の時にゴシゴシこすって洗う・洗浄力の強過ぎるクレンジングや洗顔を使う・毛穴パックで角栓を無理に引き抜く

ひとつでも思い当たるものはありませんか?

肌や毛穴をキレイにしようとついついやってしまいがちですが、これら全て絶対にやってはいけないNG行為!

お肌にとーっても負担がかかってしまいます!

刺激を受けた毛穴は肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌します。また、同時にメラニンも活性化して多く作られてしまいます。

とにかくお肌には負担をかけないように、優しいスキンケアを心がけてくださいね!

每日のお手入れにプラスして週に1回のスペシャルケアで出来てしまった角栓をスッキリさせましょう!

 

炭酸水パックでスペシャルケア

ではスペシャルケアとして最近また話題になっている炭酸水パックを紹介します。

炭酸の効果は血行促進が有名ですが、実は汚れや皮脂を吸着させる作用もあるんです。

あのシュワシュワの泡が皮脂を溶かして吸着して取り除いてくれるんです。

私の周りには「前から良いって聞いてたんだけど、やったことはない」っていう人が多いんですが、

めちゃくちゃ簡単なんで是非やってみてください!

用意するもの
無添加の天然炭酸水
※余計なものが入っていないか、かならず裏面の表記を確認してくださいね
画像
コットン
普段使っている化粧水や美容液など

 

step
1
メイクオフ


まずは、普段通りクレンジング・洗顔でしっかりメイクを取り除く

 

step
2
ホットタオルで毛穴を開く


固くなってしまった角栓は、簡単には取り除くことが出来ないので、皮膚を柔らかくするためにホットタオルを顔に乗せて毛穴を開きます。
おっさんみたいにゴシゴシこすっちゃダメですよ(笑)

 

step
3
コットンに炭酸水を染み込ませる。


常温の炭酸水にコットンを染み込ませます。
コットンが炭酸水を吸い込んで膨れてくるまでひたひたに浸します。

炭酸水パック

 

step
4
浸したコットンでパック


ホットタオルで皮膚が柔らかくなっている肌に炭酸水を染み込ませたコットンを乗せます。
コットンが乾かないように気を付けながら5分〜10分しっかりパックします。
乾かないように上からラップするのもおすすめです。

 

step
5
いつものスキンケアで保湿する


炭酸水自体に保湿効果は無いので、コットンを取り除いたあとは、いつものスキンケアでしっかり保湿しましょう!

ポイント

炭酸水がピリッと感じることがありますが、心地よいピリピリ感なら気にせず続けて大丈夫です。

痛みを感じるようなピリピリ感でしたら、すぐに中止して洗い流してください。

無添加の炭酸水ですので肌に悪いものは入ってませんが、炭酸の刺激が強すぎるのだと思います

極度の敏感肌の方などは特に注意してくださいね。

超スッキリして効果抜群の炭酸水パックですが、やりすぎは肌に負担がかかりすぎて逆効果になるので週に1回、多くても2回にしてくださいね。

コットンでパックするのが面倒だって人は洗面器に炭酸水を入れて5分ぐらい顔をつけるのも効果的です。

窒息しないように左右交互に息継ぎしながらつけてください。

毛穴に最適のクレンジングランキングに戻る

 

 

-お肌の悩み, 毛穴ケア

Copyright© クレンジングの殿堂|2018年人気おすすめクレンジングランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.